日本書記、応神天皇二十五年 木満致(もくまんち)

木満致は三国史記にもでてくる。 三国史記ではガイロ王の二十一年に出てくる。 木キョウ満致とでる。 この人物はいかなる人物か。 百済人であるか、それとも日本人なのか。両記録に登場する不思議な人物である。 三品氏は日本の権勢を背景とする任那のやまとのみこともちの意としている。 さだかではないが、日本を行き…

続きを読むread more