宣長の健康法

先日宣長があるくことが日課だったことを綴りました。 今日は宣長の健康の秘訣というか健康法について考えてみたいと思います。 結論は、宣長は食事に気をつかったのではないかということです。 その健康法、食事法は小食です。 過食を避けた。それは本人が学者でありつつ、本業は医者であったからである。 宣長を学者という印象から離れて、医者と…

続きを読むread more

カラについて

天孫降臨のところで、宣長は読みを日本書紀をもとに、韓国のカラを何もない”空”と解釈しました。 さて、現在のほとんどの注釈は韓国、つまり朝鮮半島を指しているとしているようですが、 宣長はソシシノ国、空の国、不毛の国と解しました。 それはなぜだったのでしょうか。 考証するにあたって、慎重に進めていったのでしょうか。 …

続きを読むread more

宣長の空国の解釈

韓国を日本書紀の空国から引用して古事記の天孫降臨の箇所の韓国を空(カラ)つまり不毛の地と解釈してます。 ソシシの国というのですが、ソの意味は何か。 この辺りは解釈のよって違ってくるのですが、宣長は朝鮮とは見ようとはしませんでした。 それは宮を探すことが中心だという解釈だそうです。 しかし、どうしてここで韓国がでて…

続きを読むread more